大宮-二重まぶた整形美容外科ランキング

 
品川美容外科  当サイト申込数No.1!

品川整形外科の二重整形は二重まぶたの症例実績が70万を超えているので、その高い技術には定評があります。二重整形一つを取っても、切らない二重まぶた形成法である埋没法だけでスーパークイック、プレミアムクイック、1dayナチュラルクイックなどまぶたの状況に合わせて3種類もの手術法が用意されています。さらにより確実な二重を作りたい人には切開法により、目尻や目頭切開をはじめ二重切開など幅広い手術法からあなたにぴったりの術式を選ぶことができるので、自然で理想的な二重が手に入ります。

二重まぶた整形 おすすめ度 評価5
店舗所在地 大宮院 さいたま市大宮区桜木町 2-1-1アルシェ 8F

 

 

 

聖心美容クリニック 湘南美容外科クリニック
大宮院 大宮院
二重まぶた整形
おすすめ度
二重まぶた整形
おすすめ度

大宮でも人気の二重まぶた整形は大きく分けて2通りの方法があります

二重まぶた整形は近年その利用者が増えている整形で、一重まぶたを二重まぶたに成型することにより、見た目の印象を大きく変化させることが可能になる成形です。二重まぶた整形には整形方法が大きく分けて2通りあり、一つはメスを使用する切開法、もう一つはメスで切開を行わない埋没法と呼ばれる方法です。この二つには大きな違いがありますから、二重まぶた整形を行う場合には自分にとってどちらの方法がよりベストな方法なのかをしっかりと見極める必要があります。
切開法は瞼の上を切開し余分な皮膚や脂肪を取り除く方法ですので、一度切開法を行ってしまえば二重まぶたの状態を維持することができる整形法だといえます。しかしデメリットもあり、切開を行うため必ずまぶたに切開をした傷が残ると言う点と、整形手術後の腫れが長引くため入院も必要となり、短時間で整形を行うことが出来ないというデメリットがあります。
埋没法は切開法と違いまぶたにメスを入れず、まぶたの裏を糸で1点、もしくは2点縫って留めることで人工的に二重まぶたを作り出す方法です。最近の二重まぶた整形はこの埋没法が主流となっており、メスを入れないので短時間で整形手術が行なえ、手術したその日に家に帰ることが出来る整形法となっています。その手軽さから二重まぶた整形を埋没法で行う人が多いわけですが、埋没法は糸で留めているため、何かの衝撃などで糸が切れてしまうという恐れもあるため、切開法のように一度整形手術を行えば二度と手術を行わなくて良いというわけではありません。糸が切れた場合には再度埋没法の手術をおこなう必要がありますから、手軽だけどそれなりのデメリットも大きいと言うことを知っておかなければいけません。どちらの方法を行う場合でも、二重まぶた整形を行うには必ず手術が必要となるので、事前に大宮駅周辺の美容外科などに相談し、カウンセリングを受けてから二重まぶた整形を行ったほうがより安全に手術が行なえるのではないでしょうか。最近は大宮でも無料カウンセリングを行っている美容外科が多いですから、それを利用すると良いでしょう。